スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンの短すぎる人生・子供


Edit Category 【死】
「長すぎる人生」というものに対し、私は高校生の頃からずっと嫌悪感を抱いてきたのだけれど、我が子の短すぎる人生はなぜか悲しかった、親の立場から想うと、親より短い子供の人生というものは
描いていた未来を裏切られたようで受け入れられない


子供の死、元気に走り回っていた足の速かった子供
運動神経もよかった
容姿もよかった

多くの愛情を注いだ
楽しい習い事もさせた
海外旅行も一緒にした

思春期の悩みも青年期の悩みも人生の長さも過酷さも
知らずに死を迎えた
そういう人生とか
そういう死とか
そういうのもあったのか

知らなかったな


明るさや笑顔や甘えや泣き顔
元気な姿は遺体となって帰ってきた
交通事故ではない、同じくらいに、いや、もっと凄惨な特殊な遺体だった

早すぎる死
短すぎる人生
下衆な話だけど、青春期に興味があった性的なことすべてを経験せず死んだ


SEXを知らずに死んだ
彼女ができずに死んだ
中学に進学せず死んだ
就職せずに死んだ
居酒屋で一緒に酒を飲まずに死んだ
結婚せずに死んだ
結構式を挙げずに死んだ
子供をつくらずに死んだ
親にならずに死んだ
大人にならずに死んだ

7歳にすら
ならずに
あの子は死んでしまった

得たいと私がかつて願ってきたもの、悩んできたもの、努力してきたもの
すべてを得ることなく死んだ
すべて知らずに死んだ


儚いな

もう、死んでしまったなんて、あまりにも短すぎる人生だ

30代前半で仏壇を買った、仏壇の写真に拝む、そして御線香をあげる
御線香の良い香りが部屋に広がる
仏壇の必要性が今ならよくわかる
自分にとって必要なんだな
あの子の居場所

実際に拝むことは意外と少ないけれど
気が向いたときに御線香を焚いて、写真を胸に引き寄せ抱きしめてキスをする

先祖のお墓は離れた他都道府県にあるから、遺骨は寝室に置いてある
会えない場所に入れたくはない
一緒の部屋で寝ている
いずれは公営墓地を考えているけれど、お墓を買うような財産的余裕は今はない
たまに、遺骨は早くお墓に入れてあげなさいと言う馬鹿がいるけれど、そんな奴は死ね



すでに何年か昔のことだ
記憶の中でしか、写真の中でしか、もうあの子に会うことはできない























































day dreme believer  忌野清志郎


関連記事

Newer Entry「死」の本質は「骨」になること

Older Entryニホンの短すぎる人生・中学同級生

Comments



 
11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10 12


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。