スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気10  精神障害者の『精神』はもう排除すべき文字だ――病気カテゴリ終了――


Edit Category ◆病気◆
精神病になった人なら誰もが呼称名に嫌悪感があるのではないでしょうか。
精神病という言葉自体はとうの昔に受け入れましたが。
今でも拭い難い抵抗感があります。

精神って何だ?
精神に実体はない。
精神は実体のない単語だ。
目に見えない。

心って何だ?
心にも実体はない。
心も実体のない単語だ。
目に見えない。

精神や心は【脳】から生まれる。
意識。
感情。
思考。
観念。
全て【脳】から生まれている。

【脳】って何だ?
頭部にある。
頭の中にある。
頭蓋骨の中にある。

【神経】って何だ?
神経伝達物質って何だ?
セロトニン
アドレナリン
ノルアドレナリン
ドーパミン
オピオイド
ミトコンドリアって何だ?
ニューロンって何だ?
シナプスって何だ?
【脳】内部の物質たち。

精神、心、意識、感情、思考、観念、神経、神経伝達物質のすべてが【脳】に入っています。

脳病、脳障害者、脳疾患?
神経病、神経障害者、神経疾患?
脳神経病、脳神経障害者、脳神経疾患?

【脳】でも何か合わない。




【精神】という文字を削除したい。




【神経】はどうだろう。
神経病・神経障害者・神経疾患
意外といい。【神経病】はまあまあ、【神経障害者】と【神経疾患】はかなりいいかもしれない。


病院の○○科というものは、医療法・医療法施行令という法令によって規定されているらしいです。
なじみのあるものだけ分類してみます。

1 内科
2 外科
3 眼科 ・耳鼻科・ 皮膚科 ・泌尿器科
4 産婦人科
5 小児科
6 整形外科・脳神経外科
7 精神科 ・神経科・心療内科

精神科ってどうにかならないのでしょうか。
心療内科も何か微妙です。


統合失調症、自律神経失調症の【失調】というコトバはどうだろう。

失調病・失調障害者・失調疾患
脳失調症・脳失調障害者・脳失調疾患
合わない気がする。

【分泌】はどうだろう。
分泌病・分泌障害者・分泌疾患
ダメだ、響きが重い気がする。



【精神】という文字を削除したい。



外因性・内因性・心因性・環境因性・器質性
脳機能病・脳機能障害者・脳機能疾患
ダメだ、響きが重い。
言動病・言動障害者・言動疾患
ダメだ、響きが重い。


【認識】はどうだろう。
認識病・認識障害者・認識疾患

そんなに悪くない気がする。【認識障害者】【認識疾患】は結構いい。認識病はあまり良くない。
意外と【認識障害者】【認識疾患】はすべての精神病の概念を入れることができるかもしれない。響きも酷くない。



とりあえず【神経障害者】と【認識障害者】は、病状に対し適切な要件を満たせているように思う。
そして、【精神障害者】より優しいコトバ。少しだけ優しいコトバになるかも知れない。正解ではないけれど。
もっとよいコトバが何処かにある気がする。


個人的には【神経病】【神経障害者】【神経疾患】が好きかな。
精神は実体がない、心も実体がない、認識にも実体がない。
脳内の病気だけれど【脳障害】【脳疾患】だと重すぎる。
脳内の中枢神経に関わる病気だから、【神経障害】は実体もあるし、呼称もより正しい。
自立神経失調症は精神病の入口のような名称だけど、この名称の中にも【神経】が入っている。
【神経障害】だと「神経質な人」とかの神経質とはイメージが違うし、脳内病気イメージさや内因性イメージも含むことができる。悪くない。響きも屈辱的ではない。



【精神障害者】の呼称を、私個人の心の内でとりあえず【神経障害者】に替えてみたいと思います。
「ちょっと神経の調子が悪くて…」
「ちょっと神経の病気で…」・
「ちょっと神経障害で…」・
「ちょっと神経疾患で…」

「精神病で…」
やっぱり精神は響きが重すぎる、もう排除すべき文字だと思います。



























【神経病】【神経障害者】【神経疾患】に替えてみたいと思います。



関連記事

Newer Entry病気9 精神病遺伝子の家系的なこと

Older Entry寂しいことだなぁ、好きなブログさんが辞めていく

Comments

 
55歳くらいの頃、障害年金の可能性があるかないか訊きに社会保険事務所に行きました。「障害はなんですか?」と訊かれ「双極性障害です、双極性気分障害ともいいます」と応えました。事務官はそれ何?という顔をしてましたので「昔の言い方をすれば躁うつ病です」といいました。ああ、あれか、とガッテンした顔になり書類を沢山くれました。難しい書類でした。結局、診断書やら何やらそろえ、社会保険労務士にお金を払って申請しました。
 
Re: タイトルなし 
しんじさん、こんばんは
双極性障害は躁鬱病より優しいコトバに替わったと思います。躁極と鬱極が双子のように脳内に隠れている病状も適切に表現できているとも思います。婉曲な言回しになったというか、激しい呼称がなじみの薄い表現に替わったところもいいかなと思います。病状の激しさを表現するには躁鬱という漢字が適切だとは思いますけど。躁鬱、躁鬱、躁鬱。足に口が3つの躁という多弁や浮かれた感情を表現している漢字、鬱という重々しい重篤な漢字。病状の激しさは表わせているけど、この漢字に私が抱くイメージは嫌悪感、侮蔑的響き、破滅崩壊的な感情の起伏。双極性障害は優しいコトバになったかなと思います。私は、他人にギョッとされる可能性がある病名は嫌なんです。皆が思うことですけど、『誰もこの病気になりたくてなったんじゃない』ですから。運が悪いなぁ。
 
 
そうなんですよ。お互い運が悪かったのですよ。インフルエンザにかかるのも運です。結核になるのも運です。人間性が悪いから躁鬱病になってしまうのではないんです。病識を躁状態の時に自覚すれば怖くはありません。鬱状態の時は病識はあると思いますが深刻になって自殺しないように気をつける(自分も周りも)ことが大事です。病気は治らないですが寛解します。その時薬を飲まないようにならなければ生きていけます。周りに迷惑をかけずに・・・
 
Re: タイトルなし2 
しんじさん、こんばんは
運が悪いんですよねぇ…ホント、どうしてこんな病気に…って何度も絶望して、もう最近は絶望にも飽きのでただウンザリしています。
【病識を躁状態の時に自覚すれば怖くはありません。鬱状態の時は病識はあると思いますが深刻になって自殺しないように気をつける(自分も周りも)ことが大事です。病気は治らないですが寛解します。その時薬を飲まないようにならなければ生きていけます。周りに迷惑をかけずに・・・】これは大切に記憶します。
 


 
11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10 12


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。