スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事7 仕事に「やりがい」を求めるな


Edit Category ◆仕事◆
仕事に求めるものは「やりがい」ではありません。
仕事で持つものは「やりがい」ではありません。
仕事に求めるものはいくつもあります。

仕事に何を求めるか
お金(生活のため・家庭のため・現在のため・将来のため)
②外出する理由の発生(家に永遠に籠ることなく体を強制的に動かす時間ができる)
③人間関係の発生(良い人間関係・悪い人間関係ではない)
④何らかの帰属場所・居場所
⑤良い労働環境
やりがい
⑦その他個々人の価値観による何か

①~⑦は全て仕事に求めるものに該当する代表的なものだと思います。仕事をするうえで得られるメリットと表現してもよい。⑦は個々人ごとの価値観で自由に決めてください。
この中で⑥のやりがいは排除されなければなりません。

仕事に「やりがい」を求めてはいけない。ほとんどの仕事に「やりがい」は存在しません。「やりがい」を求める思考は間違っています。つまらない仕事・無駄な仕事・相手を不幸にするかもしれないが業務上必要な仕事・・などいくらでもある。
「やりがい」とは綺麗な言葉ですが偽善的・勘違い的単語です。「やりがい」は仕事に求めるものではない。「やりがい」を仕事に絡ませる代表的な言葉にしたのは、新聞やテレビや本や教育などの間違った功績です。

「やりがい」は本来、老人の余生における地域奉仕活動とか無償ボランティア活動などに個々人が勝手に求めればよいものに過ぎない。仕事に求めてはいけません。

仕事で求めるものは「やりがい」ではない。
では何を求めるのか。

「やりがい」的なものを求めてしまいたい衝動が心の内にもしあるならば
自分が選択した仕事をするうえでの「自信(スキル)」を求めるのがよいと思います。

農業を仕事にするなら、農業に「やりがい」を求めるべきではない。
その仕事への「自信(スキル)」を求めるべきです。
大工を仕事にするなら、大工に「やりがい」を求めるべきではない。
その仕事への「自信(スキル)」を求めるべきです。
製造を仕事にするなら、製造に「やりがい」を求めるべきではない。
その仕事への「自信(スキル)」を求めるべきです。
営業を仕事にするなら、営業に「やりがい」を求めるべきではない。
その仕事への「自信(スキル)」を求めるべきです。
事務を仕事にするなら、事務に「やりがい」を求めるべきではない。
その仕事への「自信(スキル)」を求めるべきです。

ある仕事を選択するうえで、その職業を継続しても「自信(スキル)」を持つことが不可能な仕事を選んではいけません。ビルの建築現場でアルバイトをしていた時、鉄筋の束を1階から4階まで何度も運びました。一緒にアルバイトを始めた体力がない男性は数日働いた後、無断欠勤して二度と現われませんでした。体力が求められる職場で、体力という要素に対し「自信」がなければそのような労働に対する仕事への「自信」を持つことは不可能です。なのでそのような世界に進んではいけない。

突飛な例ですが、犯罪者になって犯罪を続ける「自信(スキル)」がないのなら職業犯罪者になってはならない。良心の欠落・麻痺という特性がなければ、職業犯罪者を継続してその仕事(悪行)に「自信(スキル)」を持つことは不可能です。営業だろうと、事務だろうと、何らかの専門職であろうとその職業を継続していく中で「自信(スキル)」を持つことができなければ仕事として長く勤めることは厳しい。

仕事とは「やりがい」ごときがなじむような都合の良いものではないと思います。「やりがい」程度で何でもかんでも職場の理不尽を我慢できるほど甘くて綺麗な労働環境はほぼないと断言していいと思います。仕事に「やりがい」を求めるな、求めてしまう性向が内心的にあるならば、仕事にはその仕事への「自信(スキル)」を求めろといいたいです。

「やりがい」という言葉に振り回されるな
と強く警告しておきたいです。私自身が「やりがい」がある仕事に就けとか「やりたいこと」を仕事にしろといったセリフを純粋に真に受けていました。そして、仕事を選択することが無駄に難しく感じて就職活動しないまま大学卒業して無職になりました。仕事は、「続けられそうな仕事を探せ、その中でなるべく労働条件のいい会社を探せ」というのが正解に近いと思います。


お金
②外出する理由の発生
③人間関係の発生(良い人間関係)
④何らかの社会的帰属場所・居場所
⑤良い労働環境
自分が選択した仕事に対する自信(スキル)
⑦その他個々人の価値観による何か

を求めてみましょう。


といっても現実社会で働いている人々の大多数は最初から「やりがい」など全く求めていません。仕事に対する「自信(スキル)」を求めて頑張る人もほとんどいませんよ。働く人の7割はただ適当に仕事をこなしているだけです。政治家を見てると分かりやすいですね。信念がある人も誠実さがある人も責任ある「仕事」をしようとしている人も特に思い浮かびません。残念ながら現実はそんなものです。でも、それでもいいのです。それで革命を起こすような人はいません。

大多数の人は、そんなに無駄に深く考えていません。純粋で真面目な思考は、無駄、無駄、無駄、無駄、無駄です。「やりがい」で悩む人は頭の中で「やりがい」を思考しますが、他人に「やりがい」を持てと口出しする人の頭の中は「やりがい」が実際は空っぽです⇒他人に何かをやらせるのに都合がいいので言葉として発言しているだけです。皆適当なのです。さぼることばかり考えている達人も結構います。「やりがい」なんて興味がない人がほとんどです。「自信(スキル)」を持つことにも興味がない人がほとんどです。とにかく、「やりがい」は自己啓発書籍などの中だけのくだらない用語です。



大多数の人々が「やりがい」など全く求めていない現実社会で「やりがい」という言葉に振り回される人は純粋すぎて不幸です。
関連記事

Newer Entry仕事6 「団塊の世代は本当に嫌な仕事に耐えてきたんかいな?」という記事

Older Entry仕事8 仕事ができる人間など存在しない

Comments

 
6年前に自殺した10歳年上のいとこが言いました。「人間足腰が立たなくなるまで働かなくてはいけない」自殺した原因は遺族から聞いていませんが、仕事にか身体にかに自信を失くしたのではないでしょうか。
仕事は自信も大事ですが、私は仕事に必要なのはどの職種であれ「スキル」
が必要だと思います。入社して最初は右も左も分からずに怒られ怒鳴られ嫌味を言われ陰口をたたかれ笑いものにされその反面支えられ励まされ寄り添ってもらい少しずつ少しずつ技術的に進歩していつかは独り立ちするようなスキルを身に着け淡々と働くのがいいのではないかと思います。そういう男はよき旦那よき父親になれる気がします。
 
Re: タイトルなし 
しんじさん、こんばんは
スキル、そうですね、スキルが身についていくことで自信がつきますから、スキルが根本ですね。
記事を【自信(スキル)】と修正します。

>入社して最初は右も左も分からずに怒られ怒鳴られ嫌味を言われ陰口をたたかれ笑いものにされその反面支えられ励まされ寄り添ってもらい少しずつ少しずつ技術的に進歩していつかは独り立ちするようなスキルを身に着け淡々と働くのがいいのではないかと思います。そういう男はよき旦那よき父親になれる気がします。
↑これは同感ですね。若い時は、右も左も分からず怒鳴られて嫌な思いも多くしましたが、親切な上司や先輩に仕事を聞いたり飲みに行って教えてもらったりして少しずつスキルと自信をつけていったと思います。
うん、まさに淡々と働きたいですね。
 
夢は持った方がいいです 
仕事のやりがいと言うのは自分がやった仕事が何らかの形で世の中、社会の役に立つと言う事です。極端な話、ホストは役に立つ仕事とは思われません。居酒屋のバイトはしんどいですが客に料理とそれに愚痴を吐く場所を与えています。ブラック企業に勤めざるを得ない人は逃げ出さないといけないですが、昔風に言えば「足抜け」すると追い詰められる目に合わされるか分からない恐怖もあります。人手 不足の業界も需要はありますが結局は重労働と安月給で転職する気が起きないっ現実もあります。20代半ばまでならまだ職人になる道があります。中高年でも資格取得の修行はきついけど独立の夢は持てます。不景気の中でも独立は希望があります。やっただけ自分に戻ってきますからね。経営術も学ばないといけません。
何度も何度も失敗挫折裏切りを経験したので分かります。
 
Re: 夢は持った方がいいです 
しんじさん、こんばんは

夢ですか
夢は難しいですね
「夢」とは「寝ている間に見るもの」に使い方を限定してくれたらいいのにという希望があります
言葉のニュアンスはわかるのですが、コトバ自体に自分が振り回されがちなので
独立については特に希望はないというか、それほど今現在の自分にとっては興味はないのです
学生時は、経営学科で経営を専門に学んだのですがまったく役には立っていません
投資についてや金の流れについてもかなり学んだつもりですが、現実の投資には失敗しています
すいません、なかなか返信コメントが思い浮かばなくて
とりあえずは、今の仕事を解雇されずに淡々と黙々とたまには同僚と楽しみながら定年まで踏ん張れたらいいなぁというのが現在の第一希望なのかなぁと思っています
 


 
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08 10


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。