スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事2 近い未来の労働環境を考える(1)


Edit Category ◆仕事◆
主観的に望ましいと思っている労働環境をメモしてみます。

★①★
週勤務4日・週休3日、午前9時出勤・午後4時退社(実働6h)

ベーシックな勤務は以下のものにします。
 月 火 水 木 金 土 日 
 ○ ○ 休 ○ ○ 休 休  (○9:00~16:00)

 クリニック開業の医者などはこのような勤務をしている人が多いです。土曜は午前中だけ開いたり、午後は5時30分くらいまで開業していますが。彼らクリニック医師はこの勤務形態で年収1000万~3000万くらいを達成しています。この勤務環境だと子育て世代でも、幼稚園や小学校の送迎ができたり、学校終了後に帰宅したときに家にいてあげられます。そして、病院は5時30分くらいで受付終了するところが多いのですが、病院にも連れて行きやすいです。

 月 火 水 木 金 土 日
 休 ○ ○ 休 休 ○ ○ 
の勤務の人も取り入れます。土日勤務手当を1.2割増などにして優遇します。

★②★
残業・サービス出勤は完全に禁止とします。
判断や決定や決断を下す案件は全て上級管理職が対応します。

残業手当や休日出勤に伴う手当は一切なくなってしまいます。管理職についてですが勤務不在時に難しい案件が舞い込んだ時には携帯電話で判断を下させます。社員は電話のやり取りを即報として既定の様式で文書化し、さらに既定のメール方式で上級管理職は対応命令書を会社に送信します。社員は印字して電話のやりとり結果文書とメール文書に従い、難しい判断に組織の決定意思に基づいた結果として、回答したり対応したりします。管理職は、こうした判断への対応手当として、管理職手当を受給できます。失敗が多大である時は、既定の労働契約に基づき、降格・ボーナス全額カット・免職などを取り入れます。代表取締役も同様とします。カルロス=ゴーンなどのように、成功したときに大量に貰うくせに、失敗したときには大量に失わないなどというふざけた報酬制度は認めません。日本の他の大企業も同様で失敗の報酬カットがなさすぎます。程度によっては、家族を含めた貯蓄を回収できるようすべきです。たとえば、家族の全貯蓄・資産を1000万円以下とするなどです。(持家・車などは残してもよいと思います。)彼らの資産は数億から数10億あるのが通常でしょう。

★③★
16:00時以降の勤務などには、希望者のみをあてます。夜勤扱いに近くなります。独身者子育て終了者介護負担無者などをあてます。勤務は22:00時で厳格に終了します。手当は1.2割増し等になります。休日勤務や16:00~22:00勤務には年金受給有給労働者も雇用します。彼らは年金受給者で労働単価は下げるべきものですので、手当は0.5割として半額にします。仕事をしない人間やずるい人間も多いので、試用期間枠に自由に解雇できるようにします。社員に解雇すべき年金受給有給労働者について投票させます。対象有給労働者の氏名が全て記載された用紙を配布し、該当者がいればチェック欄にチェックします。全員が自由を保持できるよう手袋をはめて同じペンを使いチェックし同時に投票箱にいれます。筆跡も指紋も残りません。そして、すぐに開票して結果を発表します。この場には年金受給有給労働者はいません。その後、対象者の意見も聞いて、要件が整えば解雇します。(この手法は管理職の降格にも使えるんじゃないかなと思います。本当にひどい上司への評価というものは多くの部下の中で一致していますから。)

★④★
バカンス制度の導入(連続1ヶ月の長期休暇)

必ず全員に与えるものとします。拒否した人は以後12ヶ月の労働に対し無給としなければならないこととします。これで「俺は休まないぞ」という馬鹿を排除します。時期は、人事係や事務係で社員数と比較して希望調査して調整します。介護期間や、病休期間、産休、育児休暇、新婚旅行期間はこのバカンス制度に算入して不公平感をなくします。ただし、バカンス期間は全社員(調整労働者=年金受給有給労働者を除く)に与えられるので、バカンス目的以外で休んだ人に対して周囲はあまり気に留めませんし、休んだ方も全員に認められている休暇なので気を使う必要はありません。有給休暇は継続して存続させます。

★⑤★
子供手当を大きくする。その他の給料は抑制的になる。
週休3日、1日6時間労働(昼休憩は労働時間不算入)、バカンス制度(連続1ヶ月休暇)としましたので、給与は抑制的になると思います。管理職や中高年労働者もです。子供の学費などの援助手当を高くしてその他は抑制的になるでしょう。副業は認めることとします。これによって各個人・各世帯の『稼ぎ』を微調整してもらいます。労働者は全員を正規雇用にして、副業部分のみ非正規労働を許可します。単体非正規労働は学生・主体的主婦・定年越え労働者のみにしか許可しません。企業は正規雇用を法律に基づき強制的に選択しなければいけないものとします。単体非正規労働可能者(学生・主体的主婦・定年越え労働者)以外は正規雇用労働に現在進行形で就業しているものしか非正規雇用労働(副業)として雇用できないようにするのです。つまり、非正規雇用の雇用条件に正規雇用就業事実を必須とします。労働時間や日数の減少調整政策により、すべての労働者世代(18歳~60歳)が正規雇用に吸収されるのではないかと思います。現実離れしすぎているような話ではないと思います。むしろ、少子化による労働者不足が問題になりつつあります。労働人口すべてを生活が成り立つ程度に正規雇用し、もっと稼ぎたい人は副業部分で頑張る、「成果報酬」とか「能力給」の部分は正規雇用の部分で問わずに副業部分で問うのも良いかも知れません。「成果主義」に興味のない人々は粛々と正規雇用の部分だけを続けていくなんていうのもありだと思います。
なお、副業については家計状況、自分の体調や体力や家族とのバランス、頑張れる時期などを選択して、農家兼出稼ぎ労働的な発想も必要かと思っています。副業を抜きにしても、子育て終了世帯や子供無し妻帯者や独身者は贅沢をしなければ、日々を通常に送れてたまには少しくらい遊びも楽しめる程度の給料がもらえるものとします。中高年世代は若者世代の年収へと限りなく近くなっていきます。ただし、年金形成や病気・介護等への対応を何とか可能にさせる収入はもらえるものとします。



どうでしょうか、先進国として日本は『こうした労働環境を求め始めてもいい国なんじゃないか』と思っています。こういう労働条件で働きたいという強い自分の希望でしかないのですが。精神的負担も肉体的負担も凄い減ると思います。海外旅行なんて老後の楽しみにする必要もなく、バカンス制度で毎年行ってもよいのです。毎週3日休みが保障されていますので、日常もゆったりするでしょう。社会で生きてゆく『うんざり感』を激減させることができるんじゃないかと思います。社会の生産能力はすでに充分に高まっています。無駄に働き過ぎているんじゃないでしょうか。こういう勤務をスタンダードにすることも、やろうとしていないだけで本当はもう実現可能なのではないでしょうか。

■「人生なめてんのか」ってくらい長い南欧のバカンス。スーパーはがらーん、家でだらーん
 「なにわのおかんのイタリア暮らし♪ミラノまんま見~や!」さんのブログ記事へリンクします。










関連記事

Newer Entry仕事1 労働に思うこと 「団塊の世代」と「団塊の残りカス世代」と「戦争記憶なし戦中世代」

Older Entry仕事3 近い未来の労働環境を考える(2)

Comments

 
働くものの権利が何の後ろめたさもなく行使できる世の中になればいいと思います。昨日のニュースか何かで有効求人率が1.08以上になったとか何とか言っていましたが、贅沢ではなくやはり仕事は合う合わないがあるのでハローワークもミスマッチを犯すと思います。
バカンスも欧米に倣って十分取り、残業も精神的に追い詰められないような気持ちでやりたいときだけ行う。残業手当がなくても暮らしていける。勿論仕事が楽しい人は少数派だと思いますが人生生きているうちは働くほうがいいに決まっています。
先進国の日本が楽しく働けるようになった時、海外の労働者に淘汰されるのが少し怖い気もします。
 
>返信 
何かもっとゆったりと人生を過ごせたらいいのに、といつも思っています。

古い習慣にならっているだけの無駄な部分と言い切れる仕事もありますし、本当に仕事をしない人もいまだにいます。いない方が仕事がはかどるといっていいくらい邪魔な人もいます。そんな人たちがいるくらいなんだから、みんなで順番に休んだっていいんじゃないかと思っています。休職3回した身ではとても口に出せませんが、バカンスは導入可能だと思っています。
職業によっては日本でも取得している人たちが存在します。
検事や裁判官はだいたい夏に2週間位の休みを取っています。それでも短いですが。
海外の労働者はどれくらいの勢いで今後の競争に参加してくるのでしょうか?ちょっと分からないですね、国民性では中国は激しく参加してくるかもしれません。アフリカや東南アジアは国民性的にあまり競争に参加しないような気がします。
アメリカ・韓国・日本あたりはやっぱりイカれた競争をしようとする国民性があると思います。

>人生生きているうちは働くほうがいいに決まっています。
これは実は意外と同感です。
業務の負荷が異常でなければ、仕事があるから外出する理由が存在するのだし、他人と会話する機会も生まれます。体も動かしますし、家にずっと寝たきりで日光も浴びずにこもっているより生活にメリハリが出ます。
業務の負荷の「異常」な部分を削除できれば、そんなに働くことは苦痛ではなく、楽しくもなりえるものだと密かに思っています。
 
 
>業務の負荷の「異常」な部分を削除できれば、そんなに働くことは苦痛ではなく、楽しくもなりえるものだと密かに思っています。
仕事が楽しかった時がありましたが、今になって振り返るとそのときは軽躁か激躁状態でした。
仕事の成果は自分だけ勝手に上がっていると思い、周りには迷惑をかけていました。

同級生に裁判官がいますが2週間も休暇があるんですね。知りませんでした。
私もうつで長期休暇と軽めの業務への復帰も経験があります。最初は同僚の目が怖かったですね。
 
>返信2 
しんじさん、こんばんわ

軽躁や激躁は嫌ですね。
私の場合、普段なら絶対口に出さない心の中だけで思っていた相手を見下した発言とかを直接相手に言ってしまったことがあって凄い自己嫌悪になりました。忙しくて楽しいとかになってくるとやはり危険サインだと思います。

私は躁が近づくとカフスボタンをあれこれつけたり、ネクタイピンにこったり、ネクタイを派手なものにする傾向がありました。なので今はそれを危険なサインと捉えて、ネクタイは地味、カフスは禁止を自分に課しています。万能感みたいなのが私にとっては危険です。

裁判官や検事は裁判所内や検察庁内で調整して2週間の連続夏休暇をとっています。ネットなどで調べると「休みなんて取れません」などと裁判官の家族や検事関係者を名乗る人々の言葉などがありますが、たいてい嘘です。仕事を大変に見せたい輩が書き込んでます。仕事が大変なこと自体は事実ですから、嘘までついてアピールすることないのにと思います。ただ、裁判官本人や検事本人が書き込んでいる可能性は皆無だと思いますよ。彼らはしっかりと休みをとります。それはそれで良いことだと私は思っており批判的ではありません。
裁判官は裁判に追われているのは事実ですが、公判期日を決定する権限があります。ですので、夏には裁判が普段より一層滞るという事態が毎年通年行事のように起こります。検事も同じです。だいたいの事件の段取りをつけて、海外旅行などに行っています。その直前位から事件を担当しないように検事同士で調整しています。みんなが同時に取得するのではなく、時期をずらしてシフトを組んで取得しています。
裁判官の同級生は凄いですね、聞けるチャンスがあったら聞いてみてください。私は、同級生に弁護士が2人いますが、交流がまったくないので完全に赤の他人なのが少し残念です。

復職時の同僚の視線は、相手はそんなに気にしてないのかも知れないですがキツイですね、中にはあからさまに厳しい態度で接してくる人もいました。
リハビリ的勤務を経て慣れるまでもキツイですよね。周囲の人とも話すことが思い浮かばなかったりして、3ヶ月、6か月、1年と気を張り続けます。
私も再発に本気で注意していきたいです。
 


 
11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10 12


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。