スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気4 【躁鬱】 寛解している


Edit Category ◆病気◆ Tagged  躁鬱 
「寛解期に入った」と確信できる状態になりました。寛解とは「躁も鬱も治まり、通常の脳状態に安定すること」です。発症以来約7年間で「寛解期に入った」のは過去に1回だけ約7ヶ月と短い期間でした。今回は発症以来2回目の「寛解期に入った」と確信しています。慎重に寛解期を長く安定させていきたいです。

3回目の復職をしてから約2年が経過していますが、「寛解期に入った」といえる状況になれたのは3月末までの大きな精神的ストレスだった業務と離れ、別な課業務に配置換えとなったことが大きいです。与えられた業務の体制や内容で、個人負担が本当に本当に大きく違うんだなあと改めて感じています。3月末までの業務は単純に体制に問題があって、10人でやるべき仕事を5人ほど人員削減されたせいで5人でこなすといったような状態でした。単純に1人あたりの業務量が2倍に増えていました。その状態で責任者の1人として耐え続けました。潰れる予感がしていたので、昨年度の早い段階で人事異動希望を出しており、その希望が奇跡的に通ったことが本当に幸運でした。上役に人事異動を邪魔されたりしないか、異動が発表されるまで不安でした。そして異動できる3月末まで本当に最悪な業務でした。引継ぎが終了し、業務から離れた3月末の休日にも突然職場から電話がかかってきて急遽サービス出勤して、組織体制に関することへのクレームに1人で対応させられました。そんなクレームを私に言われても困ります・・・でした。現在の仕事も楽ではないようですが、前年と比べると業務量が1人で2人分担当する必要がないので個人的には凄い楽になったと感じています。それが、頭痛や抑うつ状態を改善させてくれたようで、5月になってからは頭痛薬をほぼ飲んでいません。それにともない、人との会話の苦痛感が改善され、社内の他課の人間とも違和感なく話せるようになってきて、たまにですが自然と会話に笑いが出るようになってきました。同僚との人間関係も良好です、上司に典型的なずるい定年間近じじいがいるくらいです。

次は軽躁状態に入らないように注意していきます。これまで発症から再発を重ねて3回休職しています。もう退職まで休職などしたくないです。というか死ぬまで再発させたくないです。当然、自己都合退職しなければいけない状況に追い込まれる可能性もあります。これから先に4回、5回と休職して復職できるエネルギーが残っているのかと言えば自信はないですし想像したくもありません。嫌な現実に追い込まれないように、軽躁状態に入らないように、また鬱状態に戻らないように気を配っていきたいと思います。

私は、1回激躁になった時の自分が許せず、「病識」がはっきりあります。服用も自分で管理し、しっかりと毎日自分で服薬しています。しかし、医師の指示どおりデパケンを量調節しながら服薬しても2回再発しました。そうしたこともあり、私は医師をまったく信用しておらず、「単に薬受領の許可をだす資格を持っている人」と見なしており、本やネットの知識を参考にし、躁鬱の第一選択薬であるリーマスを自分から医師に処方するよう伝え限度量の1200mgを服用しています。抗躁作用だけでなく抗鬱作用にも期待しています。副作用は自分には自覚的にはないようです。副作用が1番強い薬ですので、初期に医者が使わなかったのは理解できますが、3回の休職でも使おうとしなかったのは理解できませんでした。病気の再発が個人の人生にどれだけ影響を及ぼすのか医者には興味ないでしょうし、再発の責任も求めらることはないでしょうし、無職になろうが自殺しようがあまり興味はないのでしょう。当然医師の個人差もあるでしょうが。そもそも精神科医は躁鬱病への理解が薄そうです。

精神科医は自分がなったことがない精神に関する病気を治療の対象としています。仕方のないことですが机上で勉強した理論と客観的に見た患者の状況しか知りません。本人に治療の対象である病気の経験はありません。患者の脳内の異常さや内面の葛藤、生活の困窮などは未経験で実感できません。精神科医は医師本人の本能的興味として統合失調症の知識が多くなってしまうと本で見たことがあります。また、業務対象的には【金のなる樹】として【自律神経失調症】と【適応障害】と【鬱病】がメイン対象となるのでしょう。リーマス1200mgの服用で躁鬱の再発を何とか防いでいきたいというのが、現在の心境です。そして、大きな鬱にまた人生をもぎとられないようにしたいです。 

平成26年5月17日
 「寛解期に入った」を記録
注意点
①きちんと睡眠時間をとる
②頭を使いすぎない(ネット、ブログ、読書)
③体を動かす(散歩、家事、料理、トレーニング)
④良心欠落者を上手にかわす(職場)
⑤軽躁方向・鬱方向へ入っていないか自分を疑い警戒する

*再発させない期間「5年」をとりあえずの目標とする。(現在復職後約2年経過しているので今後3年は最低でも何とか再発させないで乗り切る。成功したら再発させない期間「10年」を目指していく。仕事はきちんとすることを目指すが、業務に対して余計な頑張る気持ちは持たないようにする。)



関連記事

Newer Entry病気3 『日常生活 行動レベルの分類』

Older Entry病気5 障害の子供、悲観して殺害に思うこと

Comments



 
07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06 08


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。