スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それ⇒✪オナニーとかSEXとか


Edit Category 【生】
生きていてよいことなどあるのでしょうか。
「生」の妙味、隠し味、メリットになるものについて完全な主観であれこれと考えてみます。


人が猿だったという原始時代から戦国時代、江戸時代などを経て現代まで続く人間の生存に欠かせないもの、なんといっても筆頭3つは、「食事、睡眠、生殖」です。その中で、生殖にとってSEXは欠かせないものです。

SEXは気持ちいい。
オナニーでも射精することは気持ちいい。
これらが気持ちよくなければ生殖に参加する人間がいなくなってしまう。


ゆえにこれらは気持いいように設定されています。
脳に快感刺激が加えられるようになっているのです。
だからパブロフの犬のように人間はオナニーとかSEXとかを繰り返してしまいます。

ちなみに、射精とは、金玉に増殖した精子集団が、ちんこの筒の中を一瞬で駆け抜け、外界に噴出することです。その瞬間、脳と生殖機能を駆けめぐる快感には、論ずるまでもない「生」の妙味やメリットを感じます。
「この瞬間だけは、生きているのも悪くない」

初めて射精という機能が噂ではなく実存すると発見して驚いた少年時代、猿のようにオナニーを繰り返し、あまりの気持ちよさに学校に行きたくなくなり、学校をさぼって「いったい俺は1日に何回まで射精できるのか」という情熱的な実験に取り組んだ時期もありました。

鬱期にはこの機能も衰弱しはてて、加齢とともにも衰弱しはててゆくものですが、射精によって得られる刹那的な心地よさが存在することは間違いないことです。せっくすや風俗にも様々な形態がありますね。そこには猥褻・卑猥・下衆といった人間の奥ゆかしさに関する深みが存在しています。風俗はもちろんのこと、オナニーとかSEXとかいうものは「生」の妙味に入ります。






風俗行ったら人生変わったwww 上 (ビッグコミックス)風俗行ったら人生変わったwww 上 (ビッグコミックス)
(2013/10/30)
@遼太郎

商品詳細を見る









関連記事

Newer Entryそれ⇒✪「生」のそれとは―定義―

Older Entryそれ⇒✪アイス

Comments



 
11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10 12


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。