スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生14 自殺は悪いことではない


Edit Category ◆人生◆
自殺に関して自分が思っていること、考えていることを、はっきりと書きたいと思います。人が嫌だなと思うようなことも気にせず。


自殺がいいとか悪いとかそんなことはどうでもいいことです。死にたい人は死ねばいい、死にたくない人は勝手に生を続ければいい、自殺を考えない猫とか犬とか鳥さんみたいな幸せな人は幸せなまま『天寿』に辿り着けばいい。

自殺がいけない理由なんていくらでもあります。
近い人間、家族・親友・友人・知人にもの凄い影響を与えます。それは当然の真実だ。否定しようがない。でも、影響を受けて死ぬような人は、きっかけ、引き金がなかっただけでいずれ自殺していたかも知れません。時間の問題に過ぎないかもしれない。影響を受けても死なない人だっていくらでもいる。

葬儀費用がかかります。当たり前です。自殺しようが、それ以外で死のうがどうせ人間は100%の確率で死ぬことを忘れている人がたまにいるから気に入らない。だから、葬儀費用は発生時期が変化するだけのこと。どれくらいの費用を掛けるのかは遺族の意志次第のお話。

迷惑かかるのも否定できない真実だ。電車を止めたり、誰かを巻き込んだり、いろいろあります。自殺する場所を選ぶのも少し難しい問題ですね。人は誰でも迷惑をかけていますが、確かになるべく迷惑はかけるべきではない。それでも発作的に行動に移してしまう衝動は抑えることのできない類のものがこの世には存在するだろうことは、うっすらとですが想像できたりもします。


自殺者は「弱い」わけじゃない BY 「ノモア」記事
自殺の賠償金 BY 「納棺師nontanの日記」記事
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ところで、はっきりいって、この世の中には拍手すべき自殺があります。

有害な人間の自殺というのも存在します。私は率直にいって人の自殺に拍手したことがあります。早く死ぬべき人間。私は一切被害を受けたことが無い人間でしたが、彼は早く自殺した良かった。消えてくれてよかった。会社内で上層部に君臨していた有名なサイコパス。何人かが自殺して、何十人かが辞め、それ以上の人間が休職していた。奥さんはDV被害にずっとあっていたと噂で聞いた。大きなコネを持って入社していた出世頭の50歳前半の男。私が入社したときの面接担当者の1人。子供が犯罪で捕まった。そこら辺からボロが表面化して、自殺した上層部のサイコパス。正直彼の自殺を悲しんだのは彼の派閥の人間だけだったと思う。奥さんも救われたんじゃないかなと思っています。私は心から拍手しました。

強姦魔、殺人犯、サイコパス、自殺に拍手を送るべき人間は存在している
■■■■■

新潟県連続強姦殺人事件/2014.5月事件

(今年の有名事件ですが、ネット記事抜粋し、個人加筆しているので事件詳細は、自己確認してください)
喜納尚吾(きなしょうご・31歳)容疑者は沖縄県石垣島出身で、高校を中退している。少年院に入所していたこともあり、かなり素行は悪かったようだ。その後、2009年には友人宅放火・殺人未遂で懲役3年の実刑判決を受け、2012年の出所後は宮城県に移り住んだ。しばらくして新潟県に引っ越し、そこで女性を拉致しレイプするという犯罪行為を続けていたとみられている。2013年8月には、30代女性と10代女性の2人を車で拉致しレイプしている。さらに翌月9月には、女性を車ごと拉致し、レイプ後に殺害して車ごと放火するなど極悪非道の限りを尽くしている。そして、11月に新発田で女性を車で拉致。レイプの末殺害し遺体を雑木林に遺棄。今年の4月に遺体が一部白骨化した状態で発見されている。12月には女性を拉致しようとするも失敗。2014年に入ってからも、なおも犯行は重ねられ、1月にも女性を拉致しレイプ殺害。またしても遺体を遺棄。5月に女性を監禁した際に、警察に逮捕されることとなる。極悪人としか言いようがないだろう。喜納尚吾容疑者は、6月に勾留の手続きをしていた新潟地方裁判所から逃げ出すという事件も起こしている(連続殺人が表面化する前に本気で逃走)しかし、取り押さえられすぐに逮捕。女性拉致強姦殺人事件について、喜納尚吾容疑者は「身に覚えがない」と話しているという。(当然、判決確定していないので無罪の可能性もあり得る)しかし、4月に発見された女性の遺体から、喜納尚吾容疑者のDNAが検出されているようだ。現在のところ、殺害されたとみられる女性は他に2人おり合計5人といわれているが、このほかにもさらに被害者が増える可能性がある。レイプされたうえに殺害された女性が今のところ判明しているだけで5人いる、と疑われている事件だ。被害者遺族はすでに10人を越えているだろう。親、兄弟姉妹、祖父母、夫、子供。一体何人の被害者遺族を産みだしたのか。

こういった人間が全ての罪を白状して、死刑が確定して、その後自殺することは悪いことではない。刑の執行が遅すぎるから。性器を切除して、全身を切断する手法の死刑でも構わない。被害者の遺族がその手法で死刑を執行すればいい。遺族が精神的に無理なら刑務官が代理執行すればいい。私は、こうした死刑の手法を望んでいる。このクラスの加害者は更生する必要性がまったくない、反省にも意味がない、許されない加害行為の結果がすでに存在する。かわいそうかも知れない犯罪者の幼少期すら、結果の重大性からすでにどうでもよい。
<すべてがもう遅すぎる。>

拍手すべき自殺と死はいくらでも実在している、あまり知らないだけだ、事件にならない地獄などいくらでもある。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


現実問題として、自殺したい人間の衝動を抑えるのは結構難しいと思います。鬱病、その他の精神病、病気以外の確信的な人生観、借金、生活、身内の病気、重度障害。精神科で薬をもらったところで、治る可能性のある病気と治る可能性のない病気もある。薬が効いたところで、薬は脳内を変えてくれるかも知れないが現実は変えない。

精神医療で、借金は消えないし、家庭内での暴力は消えないし、業務環境は変わらないし、無職の中高年や若者が仕事に簡単に就ける訳でもない。
たまに、大きい声で言いたくなるけど、薬なんかで現実は変わらない。日常に重くのしかかっている課題は消えずにずっと残る。

介護問題。
障害児問題。
先の見えない長期課題は誰が助けてくれるのか。

子供がいるから想うけど、重度障害児の親というのは大変だろうなと思う。
繊細な問題だけれど、私は自分の子供の遺体を見た時、「これなら死んでいてよかった」と思った。その状態で生存していたらあまりにも自分たちが大変だと感じたし、容貌・肉体の扁形が酷くて子供本人にとっても生存を続けていく苦痛に耐えられないだろうなと感じた。もう、顔面が崩壊して人間の顔をしていなかった。

下の子供も健康なのだけれど、産まれた時に、私は出産に立ち会おうと急いで病院に向かっていた時に、医師から私だけに電話があって、「奥さんには伝えていませんが、呼吸できずに産まれてきました。仮死状態です。分かりませんが、障害が残る可能性がありますので、伝えておきます」と話を受けた。大きな病院で体制がとれていたので、体に管を何本か入れた状態で透明な仮死状態出産児専用の設備なのか分からないけれど、そういうところにしばらくいてその後は健康に育った。でも数日だけだったけど、覚悟はした。あの覚悟が永遠に継続していたら、やっぱり現実は凄い過酷だったと思う。自分の抱えている嵐のような破滅的病気と障害児の育児を同時に消化していく日常を過ごしていくことは想像するまでもなく過酷だと思った。妻が背負えるような類の不幸じゃない。そういえば、社宅に住んでいた時、社宅の上の階のベランダから飛び降り自殺した若い母親がいた。遺体は少しの時間、地面に横たわっていた。子供と夫を残して。何があったのかな、詳細は分からない。


『絶対的な不幸の羅列』についての記事を書いたことがあったけど、

現実はなかなか変えられない。日常に重くのしかかった課題は簡単には解決しない。




課題がある人とない人では歩いている人生が別世界だ。

■■

いろいろ書きましたが、自分の中で時折、堂々巡りになっていたことを書けたのでスッキリしました。言いたかったことをまとめます。

自殺がいいとか悪いとかそんなことはどうでもいいことです。死にたい人は死ねばいい、死にたくない人は勝手に生を続ければいい、自殺を考えない猫とか犬とか鳥さんみたいな幸せな人は幸せなまま『天寿』に辿り着けばいい。自殺はべつに地獄に堕ちる行為ではない。この世から絶対に無くなる類のものでもない。自殺すべき人間も存在する。だから、自殺は悪いことではない。

ただ、自殺を選択しない程の魅力なり、何かが自分の将来、未来に見えているうちは自殺を選択することは、私自身はないと思っています。

課題がある人とない人では歩いている人生が別世界だ。
課題を背負っていない人間の発言は時に鬱陶しい。無駄にポジティブでうざい。




自殺は悪いことではない。
だが、当然良いと推奨できる類のものでもない。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本国自殺数統計「単純化」分析
1年⇒365日、30000人自殺(3万人に単純統計化)
36,5日に3000人自殺
3,65日に300人自殺
1日に約80人自殺 、24時間に約80人自殺 、1時間⇒60分に約3人自殺

つまり、『20分に約1人自殺』している

大切な命の自殺もあれば、拍手すべき自殺もある、義務から解放されてほっとする自殺もある

このブログをあなたが読んでいる間に、日本のどこかでおそらく誰かが一人自殺した
でも、それは、あなたにとっても私にとっても、別にどうでもいいことだ 
誰が自殺しようが、寿命で死のうが、しょせん関係ない現象に過ぎない

もっと言えば、中東紛争国やアフリカ紛争国では、『毎秒誰かが』殺されている
だけど、そんなの、日本人には関係ない
実際どうすることもできないし、先進国の日本人には関係ない
人がテロで殺されようが、寿命で死のうが、自殺で死のうがどうでもいい

他人の死なんてどうでもいい、他人の自殺なんてどうでもいい
大切な誰かの死だけが問題だ、自殺したか、どんな死に方だったか
大事な誰かの死だけが問題だ、自殺したか、どんな死に方だったか
そして、どうでもいい存在の自分の死が一番問題だ、自分が自殺するかしないかだけが重要だ

意識があって、痛みがあって、哀しみがあって、価値観があって、選択の問題があって
自分の死が自分にとって一番問題なのは当然だ

自分は、自分の意識で自分のかなりを支配している
だから、悩むし、嘆くし、恨むし、哀しむし、哭く


「死の形態」としての「自殺の選択」は、
ランダムに自殺欲求として脳内を訪れます
私の場合、10代で虚無感を抱いてからずっと


「死にたい、自殺したい」
という突飛な感情は非動物的で
面倒な脳の排泄分泌の残骸です、とても迷惑な排泄分泌の残骸です
「脳みそ」が無ければ・・
「脳みそ」が犬さん、猫さん、鳥さんと同じモノだったら・・
苦しまないですむのに















■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この記事内に唄を記録します。

自分より下の年代だと思う存在に対し、「新しいな、時代が少しだけ動くんだろうな」と思うことが稀にあります。その一つが、ボーカロイドというもので正直よく分かりませんが、自分が『自由に作成した歌詞』をコンピュータ音声の歌手に唄ってもらうものという感じで解釈しています。自分が作詞家になって遊べるのですね、面白いな。

初音ミクというのはたまに目にしたり耳にしたりしますが、【自殺のうた】というのを創った人がいるのですね。たぶん、若い人だろうな、歌詞に10代や20代くらいの青さを感じるから。でも、その青さがよかったりもするので、記事にUPします。どんな人が創ったんだろう、想像してしまいます。いや~、新しい人の発想って面白いな。この歌詞は、プログラムが唄ってるから凄く透明です、結構素敵な音調で世界観が綺麗に透き通っています。

自殺のうた
関連記事

Newer Entry人生13 自殺を考えない方法

Older Entry人生15 『天寿』って何なのさ?-人生カテゴリ了-

Comments



 
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08 10


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。