スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話7 『弱者はアウェーで恋をする』現象


Edit Category ◆会話◆
会話について、私が今までに把握できたこと・知っていること・何かのヒントになりそうなことを記録していきます。

タイトルは私が適当につけた人間関係における現象です。『弱者はアウェーで恋をする』現象について説明します。私は、大学生時代に、女性との会話が非常に苦手で、それを改善するためにキャバクラの黒服をある程度長期間していました。その時に黒服の先輩に教わった現象です。

「弱者」とは「新人」のことです。
「アウェー」とは「慣れていない環境」のことです。
(弱者は「アウェー」に慣れると「ホーム」で強者に変わります。)
「恋」とは「好意」をもつことです。

率直に言ってキャバクラの黒服をやる人間の動機はある程度単純です。
1 キャバ嬢と付き合ったりSEXしたい
2 夜の世界に何となく興味がある
3 時給がそれなりに高くそれなりに稼げる

大体、こんなものしかないと思います。私に現象を教えてくれた黒服の先輩は「キャバ嬢とSEXしたい」という単純な動機を持っていました。いちおう説明しておくと、キャバクラには暴力団系列と地元の金持ち経営系列とに分かれています。私が働いた店は地元の金持ち経営系列です。暴力団系列のキャバクラ店でキャバ嬢に手を出すことはかなり危険だと思います。付き合いがあった別店舗の黒服仲間がママに手を出して100万円請求されたという話をしていました。支払ったかどうかは分かりません。ただ、基本的にはSEXしたとして黒服もキャバ嬢も互いに特別に親しい仲間にしか余計な話はしないのでそれ程、ばれることはありません。口が軽いキャバ嬢が周囲に漏らす可能性は少しはあります。

黒服の先輩は次のようにキャバ嬢とSEXする方法を説明してくれました。


「自分より先に店に入ったキャバ嬢とヤルのは難しいよ。人間関係とかも出来上がってるし、自分が後輩で教わる側だから。本気で付き合うとかじゃないと難しい。簡単なのは新人だよ。店の仕組みとかよく分かってないし、女同士でもすぐに仲良くなったりしないから色々分かんなくて不安なんだ。先輩キャバ嬢同士の派閥みたいなのもあるから、先輩キャバ嬢は新人に細かいことを教えたりしないんだ。人に教えるのって結構面倒だから積極的に教えてあげようという先輩キャバ嬢なんてほとんどいない。よっぽど友達になりたい雰囲気を持ってる新人が入ったとか先輩キャバ嬢側で損得勘定の「仲良くなりたい」って気持ちが働いた時ぐらいだよね、新人に親切にしてあげるのって。だから、俺がテーブル番号とかドリンクの種類とか、フードメニューで単純に美味しいメニューとかを教えてあげるんだ。これって優しさでも何でもないんだけど、新人は不安な心境で店に来て仕事してるから、優しいとか親切だなとか勝手に勘違いする。そのタイミングを待って電話番号を聞いて、遊びに行く約束をしてその日にさっさとヤッちゃうんだ。電話番号を聞くタイミングと遊びに誘うタイミングは遅すぎると駄目だよ。店に慣れちゃうし、他の人達との人間関係も徐々にできていくしね。そうなる前に誘うんだ。相手がこちらに好意を持っている時期ってのは旬があるからさ」


これが『弱者はアウェーで恋をする』現象です。
私がこの現象を意識して以降、面白かったのはこの現象が至るところで見られたことです。
人間はおそらく本能的に、この現象通りの心理面の感情を持つようになっていると思います。
(特別に変わった人を除く)


サークルに新しく入った女性は、先輩男子に好意を抱きやすい。
部活に新しく入った女性は、先輩男子に好意を抱きやすい。
会社において新入社員の女性は、先輩男子に好意を抱きやすいし、その後に結婚する確率も高い。

女対女でも男対男でも同じです。
新入社員時代に優しく仕事を教えてくれた先輩には好意を抱くし、尊敬したり敬意を抱く。
何十年も会社員をしていても人事異動で新しい業務になれば、未知の業務が多いけれど、そこで親切に仕事を教えてくれる人には当然好意を抱きます。

そして、何事も慣れるにつれ「アウェー」が「ホーム」に変わっていき、新人は古株となり「弱者」から「強者」に変化していきます。いずれ結婚当初に優しくて清潔だった旦那はズボラで汚くなっていき、愛情に溢れて親切だった嫁さんは図太くなって大根アザラシみたいにソファーに寝転がってチョコレートを口に投げ込みながらテレビを見るようになるのと似ています。あまり会話と直接的には関係ないですが、人間関係の重要な視点のひとつだと思いますので、『弱者はアウェーで恋をする』現象について記録しておきます。










関連記事

Newer Entry会話6 会話カテゴリ専用・過去体験&現状のまとめ

Older Entry会話8 『根暗でも生きて行くんだ』ブログさん

Comments



 
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08 10


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。