スティル✪ライフsuicide

ようこそ「私の世界」へ  【死】・【生】----【人生】・【仕事】・【会話】・【お金】・【病気】■■■宗教死ね・スピリチュアル死ね・自己啓発死ね・綺麗事死ね

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死」の本質は「骨」になること


Edit Category 【死】 Tagged  死の本質 
「死」の本質とは「骨」になることだと思います。


人間って死ぬとどうなるのでしょう。
若い時からけっこう考えました。
地獄に行くのか、天国に行くのか、私は無宗教者なのでそういったものは心に沁み込むことはありません。

悪いことをしても地獄に行くとは思えません。
善いことをしても天国に行くとは思えません。

自殺しても地獄に行くとはまったく思いません。自殺した私の祖父が地獄に行ったとはまったく思いません。

善い行いを継続したところで、隣を見渡せば悪いことを平気でするサイコパス的人間が平然と人生を謳歌しています。
たまに悪いことをしてると天罰が落ちるみたいな訳分からないことを言う人もいますが、全然天罰は落ちません。
善い行いをしている人が突然無差別殺人の被害者になったり、津波で死んでしまったりしています。

私の長男は死去しています。
詳細は語りませんが長男の亡くなり方はかわいそうなものでした。
元気にしゃべって遊んで幸せそうに動き回っていましたが、戻ってきたときには生きてはいませんでした。

多くの方が体験していると思いますが、日本では遺体は火葬します。
動かなくなった肉体という遺体は火葬により、骨だけに変わります。

息子の火葬に立ち会うことになるとは考えていませんでした。息子の葬儀の喪主をするとも考えていませんでした。
火葬の日、長男の遺体は骨になりました。


人間は死ぬと「骨」になる。
「死」の本質とは「骨」になることである。
それ以上でもそれ以下でもない。


「死」とは存在がなくなること、そう、「確かに存在していた1個の肉体が永久に消えてなくなること」であり、人間という存在が宿していた「意識」という大切なモノがどこかに消え去り、再び生命を宿すことができない「骨」という物質に永久に変化して、それ以上にもそれ以下にも形を変えることがないということです。



スポンサーサイト
 
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08 10


 
 
 
人生って終わるまで長すぎる
人生とは、睡眠時間と覚醒時間の合計
 
プロフィール

スティル✪ライフ

Author:スティル✪ライフ
■会社員
■original life text
■転載禁止・終了・リンクフリー
■記事内容・UP時間随時訂正
■✪全100記事のブログ✪■■

 
毎日の花色と四季の風景(美術画像)
 
★こんにちは★2014.10/10⇒スタート
 
■カテゴリ■
  • ◆人生◆(16)
  • ◆仕事◆(10)
  • ◆会話◆(11)
  • ◆お金◆(11)
  • ◆病気◆(11)
  • 【死】(5)
  • 【生】(7)
  • スパイラル(3)
  • 友情・友達・心友論(3)
  • 暴力(10)
  • ■メモ的雑記(5)
  • ■本(3)
  • ■住宅(2)
  • ■旅行記(2)
  • ■レトロ休憩所とか(1)
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。